FC2ブログ
ニューハーフSM女王様クレア・問答無用の吸血鬼
 ・・
【閲覧注意】 ペニクリつきニューハーフの無修正えろ動画帝国
年齢認証

あなたは18歳以上ですか?

はい  /  いいえ




愛しいあの子はソドミーベイベー!

Futanari Cuties


さて・・本日のお題は

ソドミー法

これは一体なにかと申し上げますと・・

むかーしむかし、聖書に登場した堕落した都市があって
その1つの都市の名前を「ソドム」といい、もう1つを「ゴモラ」という。

なのでこの語源はこの聖書が発端となり、それが法律へと定着していた。

ところが文明が発達した現在においても、世界195ヵ所中
だいたい70ヵ所はこのソドミー法を生かしている地域があり
ちなみにそれってどんな法律かというとね、
フェラもアナルセックスも場所によっては同性愛も、はたまた
無情にも女装も男装もやっちゃダメとか言っていて、ある地域においては
死刑とかにしちゃっている場所もあるのだから穏やかではない。

つまり「豚がやっていないのだから自然に反する行いは罪です」
みたいな発想からこういった決まり事ができたらしいのだが、というか
豚は人間ほど知恵がないわけで、そもそも避妊も知らないわけでして
人間は知恵が備わり科学により避妊を知り、んでエロい文化があるのでして
それを今更おフェラはダメよアナルはダメよ女装はダメよだなんて

あんだこのやろう って言いたくなる。

それよか他人様の命を奪うほうがよっぽど自然の摂理に反しておるわ。
というのが私の個人的な意見でもあるのだが、こういった矛盾、そして
身勝手な法律が現在でも尾を引いてしまい、なので私等のような人間は、
お金さえあれば何処の国へでも行けるというわけではなくなり
ソドミー法が撤廃されている地域を事前に調べて行くようにしないと
楽しいはずの海外旅行も一変して死の片道切符となってしまう恐れもある。

ちなみにセーフな国は、ヨーロッパ、北米、中米、南米の国々だが但し、
ベリーズ、ギアナおよびカリブ諸島(アンギラ、アンティグア・バーブーダ、
バルバドス、ドミニカ国、グレナダ、ジャマイカ、
セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、セントビンセントおよび
グレナディーン諸島、リニダード・トバゴ共和国)のような場所は
おそらく入国拒否くらいで済むとは思うけどね。

そしてアジアにおいては中華人民共和国、台湾、北朝鮮、韓国、ベトナム、
日本、カザフスタン、フィリピン、タイ、インドでは撤廃されているが
その他の国では同性間に限定した何らかの規制が存在していて
イスラム教国ではイスラム法の規定によるソドミー罪があり、刑罰が過酷で
イラン、サウジアラビア、アフガニスタンなどに行けば

すみやかに死刑 という噂もある。

まぁ 最後述べた国々に関しては、知らない男女が偶然
二人きりでエレベーターに乗ってしまっても死刑となる場合もあるので
これはもう誰が何かを言った所で何かが変わるレベルではないけど、というか
規則を厳しくしたところで、人間は死んじゃえば罪も何も無くなるわけだし
規則を守ったところで極楽行きが確実ってわけでもない。というか
極楽行くためにどんだけこの現世で苦労しなくちゃいけないのさ。

そんな理屈がまかり通れば生まれてきた意味がない。
というか国民の皆さん子作りしましょう!の意味もわからん。

まぁ お国柄であるからして、なので
私のような外野がどうこう言っても仕方ないのだが、というかさ、
そもそもこの天下の現世で人と仲良くできない人間が
はたして天国なんて行けるものなのでしょうかね。

だって、ネガティブな要素が無い場所なんでしょ?

ネガティブな要素が急にポジティブな場所に馴染めるんですか?

馴染めませんよね。 な・の・で

さぁ お尻の穴で


レッツ!


コンバイン!



アナルが重罪?女装が死刑?ああ上等だよ。
というかこの私が開発してやるからちょっと来たまえと言いたいです。


というわけで、本日保存致します3本のオカズ動画は
反ソドミー法推進団体が泣いて喜ぶシーメールアナルコンバイン動画です。

そうです。罪を罪だと認識できるのも生きている時だけです。

なので今日からゴメンなさいと叫びながら


レッツ!


コンバイン!



今日もプレイヤーのクリックで
配信サイトへゴメンなさいしながら飛んでおくれ。

X humster - The Criminal Trap


X humster - Creampies


A Shemaletube - BOOTY HOLE COMPILATION 4






..
関連記事

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

copyright © 2005 ニューハーフSM女王様クレア・問答無用の吸血鬼 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.